B型生活

就労継続支援B型事業所で働く男のつぶやき

冷やしきしめん

 帰りのバスの中で今日の夕飯何にしようかなーと考えていた。暑くて食欲がわかないのである。薬を飲まなくてはいけないので腹に何か入れる必要があるというのに。しょうがないおにぎりでも買うかと店内を物色していたところ…。

 

 見つけましたよ冷やしきつねおろしきしめんきしめんを知らない人に説明すると名古屋を中心に中部地方で食べられる平べったいうどんである。

 

 いやーきしめん見るの何年ぶりだろう。これは買って食べるしかない!ということで今日の夕食は冷やしきしめんに決まった。

 

 家に帰って早速食べてみる。麺が平べったいので食感がうどんと違う。どう違うのか説明する能がないので気になった人は食え!と言うしかない。

 

 美味い。冷たくって美味しかった。最高の暑気払いである。一気に涼しくなった。ブログの執筆も進む進む。

 

 最近味噌トンカツや手羽先など名古屋メシが有名になったが、このきしめんはずっと前から出張の多いサラリーマンの間で密かに人気のあった裏メニュー的存在である。

 

 名古屋駅のホームに立ち食いそばならぬ立ち食いきしめんがあるのだ。これが本当に美味い。暖かい麺もオススメだ。もし名古屋へ行く用事があるならぜひ一度食していただきたい。

 

 本当に好きな人は新幹線を途中下車して食べていく。そうまでしても食べたくなるのがきしめんだ。名古屋メシブームには乗り遅れた感はあるが名古屋メシを語るならきしめんを食べたことがないと半可通である。

 

 冷やしきしめんはなぜかは知らないがころうどんと地元では呼ばれている。名古屋では夏の定番はころうどんである。江戸っ子がそばを食べるように名古屋っ子はころうどんを食べる。

 

 と昔は決まっていたが最近寂しいニュースを聞いた。きしめんの消費量が減っているとのことである。なぜだ?あんなに美味いのに。

 

 おそらく知名度のなさが影響しているのだろう。寂しい限りである。自分は声を大にしていいたい。冷やしきしめんは暑気払いに最高だと。

 

 懐かしい味が衰退していくのは残念だ。ぜひ復活してかつての地位を取り戻してほしい。

 

 読者諸兄も機会があったらぜひ食してみてほしい。きっと自分の言いたいことが伝わるに違いない。きしめんを食べたことがないなら名古屋人ではない。味噌カツを食べようと手羽先を食べようと煮込みうどんを食べようときしめんを食べていないのなら名古屋メシを食べたとは自分は認めない。きしめんを食べることが必要不可欠なのである。