B型生活

就労継続支援B型事業所で働く男のつぶやき

あいつが来る

 今日はヒマを埋めるためにLITALICOという会社の仕事ナビの自社ページをアップデートした。この仕事ナビというのはその名に反して求人サイトではなく、就労支援、A型就労継続、B型就労継続の各事業所の検索ができるサイトである。まあ人集めっちゃあ人集めのサイトである。自分も今の事業所はここで見つけた。

 

 そういうサイトの自社紹介ページがほったらかしになっていたので、ヒマつぶしのつもりでまずは職員の紹介から手をつけた。とっくに辞めた指導員の紹介が載っているからである。そういう手直しの目線で見るとあちこちほころびが見える。一番問題なのは写真が圧倒的に少ない。ギャラリーに20枚載せられるのに2枚しか載せてない。これはアピール不足である。

 

 で支援員さんに作業風景を撮影してもらった。後日時間ができたらギャラリー含めて手直しする予定である。これも参考にしている事業所にならってのことである。その事業所は自分の事業所より後発なのに気がつくと事業所が増えていた。もちろんHPには金をかけてるので比較対象にはならないが一つの成功例として真似できる部分は真似しようということである。

 

 B型事業所は会社ではないので例えば英語の得意な利用者が欲しくても求人広告は出せない。利用者が英語がたまたま得意ならラッキーという感じである。

 

 今我がPC班に深刻な問題が起きている。PC班一PCに強い元派遣プログラマーのKさんが一般就労を目指して就職活動を始めたのである。大変めでたい話だが戦力的には大幅なダメージである。が致し方ない。

 

 そこで支援員さんが打診してきた。現在テレワークをしているMさんを我がPC班に入れたらどうかと。

 

 自分はあんまり気が進まない。まず体力。テレワークではなく通所ができなくてはならない。次に性格。あれをやってくださいと指示を出してもゴニョゴニョ言ってやりたがらない。最後は技量。自社ホームページにJavaScriptで動きをつけたいというのでやらせてみたら動かない。仕方がないので自分が調べてみると単なるコピペミス。といった具合であまり戦力的には使えそうもない。まあ頭は悪くないのでビシバシしごけばなんとかなるかもという感じ。耐えられずに辞めそうだが。

 

 自分はMさんがPC班に加わる前に優秀な人が入ってこないかなーと現実逃避している。だって口だけ達者で実力が伴わない奴大嫌いだもの。まあそうも言ってられないが、だからこそである。あーあ誰かいい人いないかなー。