B型生活

就労継続支援B型事業所で働く男のつぶやき

Twitterがわからない

 タイトルどおりである。Twitterの良さがわからない。聞き及んだところによるとツイ廃なる言葉があるほど面白いらしい。しかし面白くなるまではツイートし続ける必要があるらしい。一行でもいいから内容はなんでもいいからつぶやけと。

 

 自分がはてなブログを始めて半年になる。どうでもいいことばかり書いてきたが、それでも毎回千字は書いてきた。一行でいいというのは自分には無理である。短いにもほどがある。それにフォロワーに知り合いが多いのでうかつなことを言えない。はてなブログを選んだ理由もそこにある。はてなブログなら知り合いがいない。かくしてTwitterは知り合いとの連絡用になったのである。

 

 思えばSNSはほとんど連絡用にしか使っていない。LINEは姉用、Facebookは知り合いのロシア人用である。全然活用していない。でも最近の女子高生はInstagramのDMで連絡をとっているらしいから自分の使い方もあながち間違ってないようだ。いちいち連絡手段を切り替えるのが面倒だから誰か統一してくれないだろうか。

 

 我々オッさん組は基本メールよくてSMSである。自分はiPhoneは3GSの頃から使ってきたが知り合いはついこの間までガラケーであった。スマホは便利だぞーネットもできるぞーと散々布教してきたが友人は頑固ジジイだから聞く耳を持たなかった。ガラケーが販売終了になって渋々スマホに乗り換えた。docomoのarrowsである。「電話とメールが出来ればいい」そうである。その割にはしょっちゅうバッテリーが上がっている。全くしょうがないジジイである。

 

 話を元に戻そう。SNSの話である。この前Pocochaの女の子がInstagramをフォローしてーと言うのでInstagramをインストールしたらアッとい間に姉にフォローされた。あれって自分がPocochaの女の子をフォローしていることが筒抜けなんだろうな。あー恥ずかしい。

 

 まあどうでもいいや。姉とLINEで連絡取るぐらいだから少々のことは気にしちゃいかん。問題なのはInstagramのサジェスト機能である。勝手にフォロー相手を紹介するアレである。あれはどういう仕組みになっているのかわからないが、とっくの昔に縁を切った喧嘩相手とか金を借りてまだ返せてない相手とか、こちらが気まずい相手もサジェストしてくる。おそらく相手にもサジェストしているはずである。

 

まあそういう悪い面も含めてSNSである。しょうがないなあと思いつつ使い続けるしかない。全く便利なのか不便なのかわからない。