B型生活

就労継続支援B型事業所で働く男のつぶやき

読書と外国語

 本を読むにあたって、この翻訳書籍で溢れる日本で外国語の習得が必要かどうか、という話がある。知り合いはピンチョンは柴田元幸訳でないと読まないと言っていた。自分もドストエフスキー米川正夫訳である。

 

 亀山郁夫?自分は店頭でパラパラめくってみて、原文がぶつ切りになっているのを腹立たしくなり、ついにドストエフスキーも商業主義の犠牲になったか、と嘆き、更に解説を読んで笑ってしまった。ドストエフスキーの作品から宗教的側面を無視してるからである。ちなみにこの傾向はロシアでもあって、賭けてもいいが亀山の論はロシアの評論のパクリである。

 

じゃあそういうお前はロシア語が読めるのかと言う向きもあるが、読める。会話は出来ないが読めるだけなら読める。自分のロシア語の教材はドストエフスキーの「白夜」だった。読み切ってないが「罪と罰」にも取り組んだこともある。だが自分の話はもういい。

 

再度言うが、あのドストエフスキー独特の長たらしくて回りくどいロシア語をぶつ切りにして読みやすくしましたというのはテキストに対する暴力である。もしあなたが亀山訳でドストエフスキーを読んだなら時間の無駄である。新潮文庫で再読することを勧める。そしてあの独特の読みにくい文体に取り組んでほしい。

 

米川正夫訳はもうその歴史的役割を果たした感があるので、どなたか新訳を労していただけないか、と切に願っているが、亀山が個人訳全集を出すと息巻いてるらしいので、新訳に関しては期待出来ないか。

 

予備校の英語講師のおすすめは新潮文庫中野好夫訳「人間の絆」だった。いつか時間ができたらじっくり中野訳と原文を突き合わせて読んでみたい。

 

それと自分のおすすめは神西清チェーホフ訳である。岩波文庫で入手できるので、未読の方は是非一読を勧める。青空文庫にもあるので試し読みはそちらで。神西清は自らが小説家だったので、チェーホフのポエジアを尊重して苦吟しながら美しい日本語に訳した。もし自分に一作品だけ神西清訳のチェーホフの作品をあげろと言われたら「ねむい」を推す。

 

外国語を学んでおくと読みやすいからいい訳だ的な短絡的な読み方はしなくなる。いざとなったらオリジナルにあたれるからだ。幸いなことに今はインターネットがある。自分はロシア語だったが信頼できる翻訳及び翻訳家を探すためにドイツ文学ならドイツ語、フランス文学ならフランス語を学んでおくべきである。