B型生活

就労継続支援B型事業所で働く男のつぶやき

大学院か…

 アダットリガーのもんきちさん大学院合格おめでとうございます。二足の草鞋は大変かと思われますがぜひMBAをゲットしてください。

 

 もんきちさんはビジネス系に進学されたが、実は自分は大学でロシア文学を専攻してそれなりに真面目に勉強してたから、教授に大学院の受験を勧められた過去がある。大学院は家が貧乏で大学出たら働けと言われていたので諦めた。ああドストエフスキーの研究したかったなー。

 

 あと大学院行くなら哲学科で西洋古典か印度哲学もやってみたかった。難解な古典ギリシャ語やサンスクリット語を辞書を引き引きカタツムリの如く読んでみたい。

 

 まあ今はAmazonがあるから個人で独学してもいいんだが、多分挫折するので大学院で専攻したいのだ。

 

 あと神学校に行きたい。神学校は牧師になる人が行くのが普通なのだが大卒の資格条件がある。牧師にならなくてもいいから神学校で神学を学びたい。

 

 元々本好きだから本にまみれた生活を送りたい。そして喫茶店でコーヒーを飲みながら分厚い本のページを送るのが夢なのである。

 

 陰キャと言われようがかまわない。むしろ知的旺盛と言って欲しい。どっちかというと実学というより虚学の方が好みである。どうも今のダメ人間ライフは昔から確定していたようだ。

 

 ビジネス系の知識はITパスポートぐらいの知識ぐらいしかない。昔ITパスポートの資格を取ろうとして挫折した程度には勉強した。

 

 そう言えば挫折したことが多すぎる。受験料がもったいないと思ってしまうので勉強して試験は受けないというパターンが多い。お恥ずかしい貧乏性である。

 

 そこへいくともんきちさんは偉い。決して安くはない授業料を自腹を切って払うとは、しかもMBAを取ったからと言って正味の話お給金が上がる訳でもないと思われる。自分だったら絶対やらない。

 

 まあでも現実には大学院には行けない。今受験生に戻れるなら全く人文系ではない勉強もしてみたい。いっそ理系になってコンピュータの勉強したい。今苦労するなら大学でやっておけばよかった。

 

 などと色々考えてみたがやっぱり自分はロシア文学がいいかな。辞書を引きながら原著を読む。テキストはやっぱりドストエフスキーかな。四大長編をじっくり読みたい。

 

 今でもやろうと思えばできる。B型を辞めて無職に戻ればいい。しかし今は働く。ロシア文学は老後の楽しみにとっておく。それまでボケないように働くのである。